Medical Courses

診療内容

子宮筋腫

30歳以降になると約30%の女性が子宮筋腫を持っているともいわれています

子宮筋腫とは

子宮にできる良性の腫瘍(こぶの様なもの)です、一般的に腫瘍と言われイメージする癌とは違い命にはかかわりません。
筋腫は一つしかできない方もいれば沢山できることもありますが、ほとんどの子宮筋腫は経過観察で大丈夫です。一般的には閉経してしまえば悪さをすることはほとんどありません。

無症状の方も多く検診などで初めて指摘されることもありますが、一般的には月経に伴う症状でみつかる方が多くなります。以下の症状のある方は筋腫があるかもしれません。
特に出血が多いなど月経に伴う症状が強い方となかなか妊娠しない方は一度検査を受けられた方がいいでしょう。

【子宮筋腫の症状】
※生理の量が多い(ナプキンが2-3時間持たない)
※生理の時に血の塊が出てくる
※生理が長引いて終わらない(7日以上)
※不正出血がある
※検診で貧血といわれた
※下腹部に固いもの触れる
※なかなか妊娠しない
※排尿の異常のある方(トイレが近い或は尿が出ない)
一度受診してみることをお勧めします。

検査方法

内診(一般的な婦人科の診察)を行ったうえで超音波検査(エコー検査)を行えば筋腫があるかどうかなどは当日外来ですぐにわかります。
そこから先は症状に応じて
①貧血のチェック
②MRI検査(専門施設で行います):筋腫の場所や大きさがより細かく診断できます。肉腫(悪性の子宮の腫瘍)との区別ができます。

【治療法】
まず、念頭に置いておく必要があるのは筋腫があるからといって必ずしも治療がいる病気ではないということです。ほとんどの方は経過観察で様子を見ることになります。
まず自分が何に困っているかを考えてみましょう。貧血があって困っているのか、出血が多くて困っているのか、妊娠ができなくて困っているのか、個人個人の背景によって治療の必要性や選択肢は変わってきます。 受診されるときに自分のライフスタイルが定まっていれば自ずと治療法は決まってきますよ。
子宮筋腫はお薬で治すことは出来ません。ただし、お薬で症状(出血)のコントロールはできます。そのため妊娠を考えておられない方であればピルという選択肢が出てきます。
しかし、妊娠を考える方やもう薬などを使うことなく病気を解決したいという方には手術方法も選択肢になります。

手術には
①子宮摘出術:開腹 腹腔鏡
②子宮筋腫核出術:開腹 腹腔鏡 子宮鏡
③子宮動脈塞栓術
がありますが、子宮動脈塞栓術に関しては保険適応はなく自費診療となります。

PAGE TOP